ここでは一周忌に建てることの多いお墓についてご案内しています。
お墓を立てる時期に決まりは無い

お墓を立てる時期に決まりは無い


お墓を立てる時期に決まりは無い
一生のうちでお墓を購入する機会は多くありませんが、だからこそ慎重にお墓選びをすることが大切です。
お墓の管理者とよく相談をして、また親族との念入りな相談をしてから、お墓を決めるようにしてください。 お墓を建てなければいけない時期というのは特に決まっていません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。

もし一周忌までにお墓を建てることが出来ない場合には「三回忌」もしくは「七回忌」にお墓を建てるようにします。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。
開眼法要を営む必要があることから、法事に合わせて建てるのが最も一般的となっています。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。




お墓を立てる時期に決まりは無いブログ:2018/02/20

減量には、適度な体操が欠かせませんが…

普段、体操不足気味という人は、
体操をした翌日には筋肉痛を感じるかもしれません。

筋肉痛まではいかなくても、
身体がだるかったり、疲労感を感じるのは当たり前の話です。

筋肉痛や身体のだるさを感じる理由として、
体操をしたことによって、筋肉が傷つくことが考えられます。

傷ついた筋肉を直し、
より強い筋肉を作り出すときに、筋肉痛を感じるんだそうです。

また、体操をすることによって、
筋肉には乳酸がたまってきます。

乳酸は疲労物質として知られていますが、
乳酸をはじめとした疲労物質が血液中にたまって、
血行の悪化を引き起こしているために
疲労感を感じるといわれています。

こういった体操の後の不快感を解消するためには、
軽めの体操を行うことがいいみたいですよ!

軽めの体操をすることによって、
筋肉痛や身体のだるさを取り除くことを
「アクティブレスト」というそうです。

代表的なアクティブレストとして、
ウォーキングやストレッチといった体操が挙げられます。

いずれも負荷が低く、なおかつ筋肉を動かすことで、
筋肉をほぐす効果があります。

筋肉痛となっている筋肉は、硬くなってしまっています。
そこで、ストレッチやウォーキングといった体操を行うことによって、
筋肉をほぐすことができるわけです。
すると筋肉が柔らかくなり、
血液内にたまっている疲労物質の排出もスムーズとなります。

なので、身体のだるさや筋肉痛の解消に役立つのです。

激しい体操をした後こそ、
軽めの体操をすることで回復を早めて、
減量をスムーズに実践しましょう!

お墓を立てる時期に決まりは無い

お墓を立てる時期に決まりは無い

★メニュー

お墓以外に埋葬するのは許されていない
継承と永代供養墓の存在
お墓は土地を購入するワケではない
石材店に支払う費用について
管理費を支払わないと権利が剥奪されることもある
お墓を買う時に発生する3つの費用
公園墓地と寺院墓地の違い
お墓の購入と継承には税金がかかる
お墓を立てる時期に決まりは無い
様々な意味があるお墓の購入


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知られていないお墓知識