ここではお墓以外への埋葬についてご案内しています。
お墓以外に埋葬するのは許されていない

お墓以外に埋葬するのは許されていない


お墓以外に埋葬するのは許されていない
お盆休みに限ったことではなく、ちょっとした時間が出来た時や、毎日のようにお墓に出掛けている人もいることでしょう。
特にご先祖様を大切にしている人は、なるべく徒歩か自転車で行けるお墓を選ぶことが大切です。 墳墓を設けることとなる区域が墓地であり、『墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』と定められています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。

法律的に土葬が認められているとしましても都道府県が墓地の許可条件に「焼骨の埋蔵に限る」となると不可能になります。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。
お墓は勝手に設けることは出来ずに、都道府県知事の認可を受けている墓地にしか設けることが出来ないと定められています。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。




お墓以外に埋葬するのは許されていないブログ:2018/02/06

いくらダイエットのためだからと言っても、
過度の運動や、過度のご飯制限は
老化を進めてしまうんですよ!

運動によって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、肉体に無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

運動をしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
運動しなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度の運動は必要です。

ご飯制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

ダイエットとアンチエイジングのバランスを考え、
ご飯制限や運動は過度になり過ぎないようにし、
長期的なダイエットを心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師からダイエットを勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的としたダイエットをする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

ご飯の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
運動も適度に筋肉が付くくらい…と、
ご飯も運動も、過剰になり過ぎないことが大切です。

お墓以外に埋葬するのは許されていない

お墓以外に埋葬するのは許されていない

★メニュー

お墓以外に埋葬するのは許されていない
継承と永代供養墓の存在
お墓は土地を購入するワケではない
石材店に支払う費用について
管理費を支払わないと権利が剥奪されることもある
お墓を買う時に発生する3つの費用
公園墓地と寺院墓地の違い
お墓の購入と継承には税金がかかる
お墓を立てる時期に決まりは無い
様々な意味があるお墓の購入


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知られていないお墓知識