お墓以外に埋葬するのは許されていない

お盆休みに限ったことではなく、ちょっとした時間が出来た時や、毎日のようにお墓に出掛けている人もいることでしょう。
特にご先祖様を大切にしている人は、なるべく徒歩か自転車で行けるお墓を選ぶことが大切です。 墳墓を設けることとなる区域が墓地であり、『墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』と定められています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。

 

法律的に土葬が認められているとしましても都道府県が墓地の許可条件に「焼骨の埋蔵に限る」となると不可能になります。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。
お墓は勝手に設けることは出来ずに、都道府県知事の認可を受けている墓地にしか設けることが出来ないと定められています。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。

リアルテックジャパン株式会社
https://cloudpack.jp/partner/realtech.html
リアルテックジャパン株式会社



お墓以外に埋葬するのは許されていないブログ:2018/06/17

減量の成功に効果的な食べ物選びで
注意しなければいけないのは、
「できるだけ冷たいものを避ける」ということです。

氷の入った冷たいドリンクは避けて、
温かい緑茶や紅茶、ココアなどを飲むようにしましょう。

また食事でも、温かいメニューを選ぶようにしましょう。
味噌汁やスープなどの温かい汁物を毎食加えるようにすれば、
体質が温まる上に、少量でもウエストが膨れるので、
ご飯の食べ過ぎを防ぐという効果も期待でき、一石二鳥です。

そして一番大事なのは、
血となり肉となるたんぱく質をしっかりとることです。
いわゆる主菜といわれる、
肉や魚、卵の料理は必ず食事に取り入れましょう。

朝方から食べるのはちょっと重い…という方でも、
「お昼食と夕方食の24時間2回」は食べるようにしましょう!

主菜が少ないと、減量の成功に必要な栄養素である
「たんぱく質(アミノ酸)」が足りなくなって、
内臓の働きが弱まり、筋肉も衰えてしまいます。

そうすると、
脂肪を燃やしにくく、ためやすい「低代謝」の体質になってしまい、
減量に失敗してしまうんです。

また、たんぱく質が足りないと、
減量の大敵である甘いスナック菓子の誘惑にも
打ち勝てなくなってしまいますよ。

特に減量中にオススメなのは、
羊や牛、豚の赤身の肉です。

というのも、実はこれらの肉には、
「L-カルニチン」という
脂肪の燃焼を高める成分が含まれているからです!

「減量には脂身が少ない鶏肉がよい」
と言う人もいますが、
この成分は残念ながら鶏肉にはほとんど含まれていないのです。

実際、
「お肉は鶏のささ身しか食べません」という方に限って、
太りやすかったりするんですよ!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜